くまのパディントン

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストでパディントンベア(くまのパディントン)の世界観を堪能することができるおすすめのアトラクション3選

パディントンタウンは、さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト内に併設されたパディントンベア(邦題 くまのパディントン)のテーマパークです。

2018年の7月21日にOPENしました。

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストは、キャンプ場、遊園地、温泉のエリアから成る複合リゾート施設です。イメージキャラクタにはパディントンベアが採用されております。

パディントンタウンがあるプレジャーフォレストへ電車とバスで行く方法とは?
JR中央線相模湖駅で下車すると、駅前からバスが出ています。

「三ヶ木行き」のバスに乗ります、バスの本数は、1時間に1本から3本です。

時間が合わないと、相模湖駅で20〜30分待つ可能性があります。

春、夏、秋の気候が暖かい時期は、駅前の噴水広場をぶらぶらしても良いですし、寒い時期は駅構内に待合室もあります。

神奈川中央交通さんのホームページから時刻表を確認することができます。

プレジャーフォレスト前で下車
「三ヶ木行き」のバスに乗ります。相模湖の湖畔を通って、トンネルをぬけてちょっと山を登ったあたりの「プレジャーフォレスト前」で下車します。

バスに乗っている時間は、実質10分程度ですが、接続の関係で、相模湖駅で待たないとならないことが多いので、かなり遠くにきた感じがするかもしれません。

昭和の高速道路のようなゲートをくぐって、正面にある階段をあがると、「さがみ湖温泉うるり」が見え、さらに階段を上へ上へとあがっていくと、プレジャーフォレストの正面玄関に到着です。

ゲートから正面玄関までは、そこそこの距離があります。息をはあはあさせながら登っていくのですが、階段の途中で、パディントンが励ましてくれるので、へっちゃらです。

プレジャーフォレストに入場したら、まずは腹ごなしに信玄餅クレープがおすすめ
プレジャーフォレストに入場すると、関東圏最大のパディントンベアグッズ取り扱いのお土産屋さん「プレジャーステーション」があります。

パディントンベアのお土産は、帰りの楽しみにとっておくとして、遊ぶ前のちょっとした腹ごなしに「信玄餅クレープアイス」がおすすめです。

電車とバスを乗り継ぎ、階段を登ってやっとのことで、プレジャーフォレストに辿り着いたご褒美として食べるクレープは最高です。クレープの中に、信玄餅アイスが包まれています。

発売元の桔梗屋さん(ききょうや)の信玄餅クレープのサイトはこちらです。

プレジャーフォレストでパディントンベア(くまのパディントン)世界観を堪能できるアトラクション3選
プレジャーフォレスト内には、パディントンベアのアトラクションがたくさんあります。

全て素晴らしいのですが、ここでは特にパディントンベアの世界観を堪能できる3つのアトラクションをご紹介したいと思います。

しゅつどう!パディントン消防隊
映画パディントン2に出てくる、飛び出す絵本に出てくるような風景を、消防車でぐるぐる周り、消火活動をするアトラクションです。

ちなみに飛び出す絵本は,「Paddington Pop-up London」という題名です。英語版しか出ていませんが、日本のAmazonでも購入ができます。

しゅっぱつ!パディントン
機関車に乗り込むと、小さなカードが配られます。

機関車が出発すると、線路沿いに、様々な職業のコスチュームを着用したパディントンベアのイラストが並んでいるのが見えます。

配られたカードと同じ絵を探して、楽しむことができる仕組みです。原作でも、パディントンは、様々な職業を体験しました。

パディントンベアの空飛ぶブランコ
パディントンベアのコアなファンの方に特におすすめしたいアトラクションです。

カーペンターズの「トップオブザワールド」に合わせてブランコがくるくる回るのを眺めていると、なぜか感傷的な気持ちになります。

古き良き時代のイギリス、多くの人々に愛されてきたくまのパディントン、今ここで過ごす時間の愛おしさなどが入り混じり不思議な感情が湧き上がってきます。

特に夕方日が暮れる前の時間帯がおすすめです。

シュタイフ社のパディントンべアと共に旅する様子や、パディントンベアについての情報をTwitterで楽しくつぶやいております。

よろしければ覗いて頂けると嬉しく思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」ブランドを製造面でサポート。起業して7年間で数多くのブランドの靴下製造を手がける。工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。初期ドラえもんのデザインに惚れこんでしまい、2020年〜長年の業務提携先である株式会社ユニオンシステムが企画、創業50年の大阪富田林化粧品工場が製造した「ドラえもんのハンドクリームとオールインワンジェル」の販売をスタート。靴下、コスメとも「作る人」「使う人」ともに皆がハッピーになるものづくりを目指しています。

-くまのパディントン

Copyright© Bringhappiness Magazine , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.